家庭用コージェネレーションによる排熱利用のメリット

排熱利用は石油やガスなどを燃焼すると二酸化炭素などの排気ガスが排出されますが、その排気ガス自体は高温状態にあることが多いです。その高温状態にある排気ガスの熱を集めて、排熱利用する仕組みを作り出し、無駄なくエネルギーを効率よく使用できる取り組みが普及しています。

マイナビニュースを手軽に利用してみませんか?

例えば、その排熱利用を行うことで発電したり、給湯や暖房を実現したり、二次利用する形があります。

なかには三次、四次といった具合に何次でも利用することで余すことなく、利用しきるシステムも開発されています。

排熱利用に関する良い情報をご紹介するサイトです。

一般的にはコージェネレーションと呼ばれ、循環型の排熱利用システムでまたの名を熱併給と呼ばれています。
このコージェネレーションの目的は、全体の熱効率を上げることを主眼とし、新たな発電施設を設けるよりは排熱を上手く循環させ、それを効果的に活用していこうとする発想から産み出されたシステムとなります。


数十年前もの間から存在し、循環型社会を構築する上でも必要不可欠なシステムで、特に産業界では多くの熱を産みだす装置や設備が存在するため、その熱自体を再利用する取り組みがなされています。



熱を産みだす場所については、例えば火力発電所を始めとする発電所、人々のゴミを集積する清掃工場、モノづくりのための製造工場、温浴施設やホテルなどといった施設などです。
近年の傾向としては、家庭用のガス給湯器や燃料電池の分野での排熱利用の推進が著しく、エネファームやエコフィルと装置も開発されており、効果的に活用できるシステムが整っています。

top