排熱利用システムとは

排熱利用システムとは、各種の産業施設からの排熱を、発電・冷暖房・給湯・加熱・乾燥などに有効利用するための様々なシステムの総称のことです。

製造業における排熱利用システムは、それぞれの事業所内あるいはその周辺の利用先の状況に応じて、多種多様な工夫がなされています。

納得のOKWave選びをサポートするサイトです。

一例をあげると、排熱ボイラーによって蒸気を得てタービン発電機を駆動させる排熱利用発電は、その一つになります。



この排熱ボイラーはどこから加熱されるのかというと、代表的なものではセメント工場の原料焼成窯、金属精錬炉、化学工場などの排熱を利用します。

マルチサイクロンが一般的になってきました。

そのほか、原料の加熱あるいは製品の乾燥などに、回収した熱が利用される例は枚挙にいとまがありません。
一方で、量的に多いもので、大規模発電所からの低温の排水があります。
日本では、遠隔地に建設されることが多いため、魚類の養殖などに一部利用されてはいますが、投入したエネルギーの約6割が利用されることなく捨てられています。
ヨーロッパでは、発電所の熱を地域暖房に利用することが多いです。
コジェネレーションシステムも排熱利用システムの一つとみなすことができます。
コジェネレーションシステムは震災以来、急激に需要が伸びている排熱利用システムになり、自然エネルギーのように天候などに左右されにくいエネルギー利用法としてますます期待が高まっています。

そのほか都市では、たとえば地下鉄駅構内の排熱を利用して、周辺地域の冷暖房を行うシステムもあります。

top