アルカリ洗浄液の特徴

一般的な石鹸や合成洗剤と呼ばれる物は、水と油を混じり合わせることで汚れを落とす仕組みなっています。

一方で、アルカリ洗浄液は汚れの中にある油分に反応し油分の主成分である脂肪酸に反応して石鹸となり、その石鹸が汚れを落とす役割を果たします。アルカリ洗浄液の最大の特徴としては、油汚れやタンパク質汚れに強い事です、アルカリは、油脂の成分である脂肪酸に反応して一種の石鹸となります。
そして、石鹸となった脂肪酸が汚れを洗い流して行きます。

アルカリ洗浄液が油汚れを石鹸に変え、その石鹸が汚れを落として行くという仕組みになっています。



タンパク質汚れには垢や血液などがあります。

タンパク質は沢山のアミノ酸が結合して出来ており、アルカリではその結合を分解したり結合構造を変化させたりすることができます。

分解や構造変化をさせる事でタンパク質はもろくなり、汚れを洗い流すことが可能となります。

評価の高いNAVERまとめの情報をお知らせします。

アルカリ洗浄液は油汚れ等には相性が良いですが、アルミ製品には使用する事が出来ません。

理由はアルミニウムをアルカリにさらしてしまうと、化学反応を起こし水酸化アルミニウムになってしまうからです。

アルカリ洗浄液のことならお任せください。

この水酸化アルミニウムになった状態は、アルミニウムが腐食し、白く粉を吹いた状態を指します。サビて腐食してしまったアルミニウムは劣化していくばかりでなく、形が変形して崩れてしまうこともあります。

こういった危険性があることから、アルカリはアルミニウムには使用が出来なくなっています。

top